最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になるの最新刊(4巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

GA文庫
スポンサードリンク

魔人の襲撃を退け、古代竜に託された子「シギショアラ」を守り抜いたアルフレッドだったが、ムルグ村やシギショアラの危機が去ったわけではない。

 

そして、まるでその判断が正しいと証明するかのように、各地で次々と暴走した魔獣が現れ始める。

 

それらの魔獣に共通しているのは「ゾンビ化」していること。

ユリーナたちが調査した結果、それが「森の隠者」によるものだと推測する。

 

しかし件の「森の隠者」とは、ヴィヴィの姉なのであった。

スポンサードリンク

最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になるの4巻の発売日は?

1巻 2018年7月12日
2巻 2018年10月10日
3巻 2019年2月13日

 

現在まで、このような間隔で発売されています。

 

直近の3巻が2019年2月13日に発売しており、早くて3か月、遅くても4か月の発売間隔です。

原作のストック分も考慮すると、大体2019年6月12日頃には発売するのではないかと推測されます。

 

 

最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になるのネタバレは

ヴィヴィの姉、ヴァリミエへの疑念も晴れ、アルフレッドたちは魔人との戦いに終止符を打ちました。

 

原作でいう第3章まで書籍化されているので、次巻は第4章から掲載されることが予測されます。

 

第4章では、ゴーレムを作って畑の収穫をさせたり、ひさが痛むために温泉で湯治効果を狙ってみたりと、アルフレッドとその仲間たちはスローライフを満喫します。

 

しかし、一難去ってまた一難。

のんびりと過ごすアルフレッドたちに、またもや揉め事の匂いが漂い始めるのでした。

最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になるのあらすじ

最強の魔導士アルフレッドは、勇者とともに魔王を討伐したものの、戦いの最中で膝に呪いの矢を受けてしまった。

 

しかし、膝を痛めたとはいえ、アルフレッドが最強の魔導士なのは変わりはなく、静養したいアルフレッドを、周囲は放っておいてくれない。

 

そこでアルフレッドは、誰も自分を知らない片田舎にある「ムルグ村」で静養することを決意する。

まとめ

現時点でブックマーク数も6万に届くくらいの登録数なので、作品人気は中々のものかと思われます。

 

現在進行形で更新されており、コミカライズもされているので、知名度も高いことが伺えます。

 

ファンタジー世界の日常に重きをおいているので、のんびり過ごしたいときに読みたくなる作品です。

スポンサーリンク