おっさん竜師、第二の人生の最新刊(4巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

KADOKAWA
スポンサードリンク

ドルトが育んできた王家の子竜、レノは、国民にお披露目される大祝祭を間近に控えていました。

 

ミレーナは、ドルトとのお祭りデートを夢想するも、主催の王女が抜けられるはずもないのですが、万能メイドAが私に任せろと言い出し、王女に変装をして代わりに式典に出席します。

 

他にも、苗を貰うためにセーラの実家を訪れたり、畑仕事の腕前が上達したその帰り道に、竜泥棒にあった農家を発見します。

 

その竜泥棒から竜を保護したり、平和な竜師ライフが続いていくかと思いきや、ガルンモッサの冷血な新竜騎士団長の国を越えた謀略が迫っていたのです。

 

スポンサードリンク

おっさん竜師、第二の人生の4巻の発売日は?

 

巻数 発売日
1巻 2018年7月10日
2巻 2018年12月10日
3巻 2019年4月10日

 

1巻から2巻の発売日の間隔が5カ月で、3巻が4カ月でした。

小説家になろう。にて連載中の作品で、連載間隔は空いているのですが、一度の更新は長いので、既に4巻分は貯められていますので、4巻の発売も4カ月程だと予測して、8月に発売されるかと思います。

 

 

おっさん竜師、第二の人生のネタバレは

 

竜泥棒は新竜騎士団長レビルに売りつけるために各国から盗まれていた竜達でした。

その竜達はミレーナ達の手によって各国に返却されます。

他にもドルトの畑をレノが守るために奮闘し、ミレーナのライバルともいえる王女が登場したりします。

 

おっさん竜師、第二の人生のあらすじ

 

大陸最強の軍事国家ガルンモッサ、その中核を担う竜騎士団に一人の竜師、ドルトがいました。

ドルトの評価は「飼育員」「用務員さん」「汚いおっさん」だが本人は気にすることなく暮らしていました。

だがある日、ドルトは仕事をリストラされてしまいます。

そんな彼のもとに現れたのは竜産出国として交流のあった国アルトレオ連邦の王女様ミレーナ。

 

「よろしければ我が国に来ていただけませんか?」

 

一度はその誘いを断ったドルトだが、結局はアルトレオ連邦に雇用され、竜師としての第2の人生が始まります。

 

まとめ

 

不遇の扱いを受けていたおっさんが、竜師としての第2の人生で今までの不遇人生をチャラにするくらいの幸運を手に入れます。

ただ、そんなドルトの第2の人生を邪魔するのもガルンモッサです。

 

小説家になろう。で暫く流行った主人公がおっさんもので、一定の層に人気があるのですが、コミカライズはされても中々アニメ化まで行く作品はありません。

 

この作品は特に戦闘シーンも頻繁にあるわけでは無いので、小説、コミックでの人気は出てもアニメ化は少々難しいかもしれません。

スポンサーリンク