俺ガイル(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている)の14巻の発売日はいつ?内容やネタバレは!

ガガガ文庫
スポンサードリンク

 

この作品は、友達を作らず孤高の道を行く主人公・比企谷八幡が「奉仕部」に入部したことから始まるラブコメディです。

「俺ガイル」の略称で多くのファンから親しまれています。

 

設定だけ見れば、そこまで斬新ではないですよね。いわゆるぼっち系主人公を中心とするラノベはたくさんあります。

 

それでもこの作品が人気を集めるのは、ひとえに魅力的な登場人物たちのおかげだと思います。心理描写がとても上手いため、登場人物に感情移入してしまうんですよね。

 

とても読み応えのある、ストーリー重視のラノベが好きな方にオススメしたいです。

 

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」はライトノベルのガイドブックとして有名な「このライトノベルがすごい!」の作品部門で3年連続一位を獲得し、殿堂入りしています。

 

スポンサードリンク

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている のあらすじ

 

12巻のあらすじ

たとえ、その選択を悔いるとしても

 

バレンタインデーのイベント、水族館での雪の日を経て、自分たちが踏み出すべき一歩を定める八幡たち。

そんな奉仕部に、ある大きな依頼が持ち込まれる。

その依頼に対して、今までとは違ったやり方で取り組むのは、三人にとっては自然な流れのはずだった。

それが、自分たちの求めていることなら――。

たとえ、その選択を悔いるとしても。

時間の流れがいつか自分たちを大人にするのかもしれない、出会いと別れを繰り返して人は成長するのかもしれない。でも、いつだって目の前には「今」しかなくて――。

雪乃、結衣、八幡。それぞれの想いを胸に抱えながら、各々が選択する「答え」とは。

新たなる青春群像小説、物語は最終章へ。シリーズ12巻。

 

11巻の発売から2年弱の期間を空けての新刊でした。

あらすじにあるように、12巻で俺ガイルは最終章に突入しました。
この巻では3人の関係性を大きく変えるような出来事はまだ起こりませんでしたが、陽乃が3人の関係が共依存の関係であることを指摘しましたね。

作品の最後に3人の関係性はどうなるんでしょうか。

また、この巻では由比ヶ浜にかなりスポットライトがあてられていました。
特に最後のシーンでの由比ヶ浜の心情描写がとても切なかったです。

 

スポンサードリンク

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 14巻の発売日は?

13巻は2018年11月20日に発売される予定です。

もともとは13巻が2018年10月18日、14巻が2018年11月20日の2か月連続刊行の予定だったんですが、13巻の発売日が延期になってもともと14巻が発売される予定の日に13巻が発売されることになりました。

順当にいけば14巻の発売日は2018年12月20日前後になるだろうと思われます。

ただ、また発売延期があるかもしれないですね。

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 14巻の内容やネタバレは?

 

14巻が最終巻になることが宣言されています。

おそらく比企谷が雪ノ下の抱える問題を解決し、3人の歪な関係性に決着をつけるのでしょう。

最後に比企谷が二人のどちらかと結ばれるのか、それともどちらとも結ばれないのかはわかりません。

誰かが悲しんで終わるようなエンドではなく、3人が幸せな結末を迎えてほしいです。

 

まとめ

いよいよ俺ガイルが完結するんですね。

しっかり完結してほしいけど、もっと読んでいたいと思える作品です。

巻数も多くはないですし、未読の方は最終巻が出る前に既刊をチェックすることをおすすめします。

スポンサーリンク