魔王になったのでダンジョン造って人外娘とほのぼのするの最新刊(6巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

KADOKAWA
スポンサードリンク

ほのぼの&コメディ路線の魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするは、現時点で小説が第5巻まで、漫画は第1巻までが好評発売中です。

2016年の10月から小説家になろうで連載が始まり、当初は『自由に暮らしたい魔王黙示録』というタイトルでしたが、2017年の6月下旬に現状のものに改題されました。

さて、そんな魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするですが、最新刊の発売日はいつ頃になるのでしょうか。

その内容やネタバレ、そして発売日を予想してみました。

尚、魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする漫画は、eBookJapanでお得な価格で読む事が出来ます。

スポンサードリンク

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするの5巻のあらすじ

魔界王からの依頼で闘技大会『デステア・トルム』に出場が決まったユキ。

まるで悪役レスラーのようにヘイトを集める振る舞いで順調にトーナメントを勝ち進んでいると、ネルの仲間が登場しましたね。

凄まじい剣の腕前を持つダンディな老執事で、ユキも最初から本気で立ち向かいます。

そんな老執事を相手にユキが勝利を収めると、レイラから通信玉の赤が灯されたという言伝が届いていました。

それと同じころ、ネルは魔界の同胞を作るために動いていたのですが、黒ずくめの集団から襲撃されてしまいます。

倒しても倒しても湧き出てくる黒ずくめの集団を相手にしたネルは逃げながら何とか対処していたものの、遂に隙を見せてしまい絶体絶命の窮地に。

そこにユキが現れて、黒ずくめの集団は無惨な末路を辿りました。

 

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするの小説の発売日は?

最新の第5巻が2019年5月10日に発売されています。

次の第6巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

以下の表を参考に予想してみました。

 

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするの小説の最新刊(6巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2017年11月10日
第02巻 2018年05月10日 6ヶ月 ||||||
第03巻 2018年09月10日 4ヶ月 ||||
第04巻 2019年01月10日 4ヶ月 ||||
第05巻 2019年05月10日 4ヶ月 ||||

 

発売の間隔は平均して4ヶ月半といったところでしょうか。

第2巻以外はまったく同じペースで刊行されていました。

この点を踏まえて予想するなら、第6巻の発売日は2019年の9月頃になりそうですね。

 

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするの漫画の最新刊(2巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安

第01巻

2019年01月09日

 

まだ1冊目のデータしか存在しないため、発売間隔の平均値は求められません。

第1巻は第7話まで収録されていた点と、現時点では第13話までが公開されていることから、第2巻は第14話までと推測できます。

そして、第14話は2019年6月7日に公開予定となっていますので、前後編だった場合はさらに2週間の上乗せがされ、そこから製本作業に入るのでしょう。

そのあたりを考慮すると、第2巻の発売日は2019年の8~9月頃になりそうですね。

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするの最新刊以降を読む方法

漫画の最新刊を読み終わってしまい、次巻が待ち遠しいと感じたことはありませんか?

実は、まだ単行本に収録されていない話を読めるサイトが存在します。

もちろん、何とか村のように違法なものではありませんよ。

 

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするの最新話はComicWalkerで読める

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするドラドラドラゴンエイジで連載されていますが、こちらでならまだ発売されていない話を読むことが出来るんです。

しかも、最新話は無料で閲覧することが可能ですので、是非チェックしてみてくださいね。

 

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするの最新刊はeBookJapanでお得に読める

どこで買っても同じ物なら、少しでもお得に手に入れたいのが人情ってものでしょう。

eBookJapanだとポイントが溜まるので、普通の店舗で買うよりもお得に入手できますよ。

電子書籍ならスマホがあれば事足りるため、保管場所に困らないのが利点ですね。

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするのネタバレは

早速ですが、ネルがハーレムに加わります。

これはレフィも認めているので問題ありません。

おいしいご飯の大切さが身に染みたようですね。

もちろん、レフィがネルの真意を汲み取ったからという、まっとうな理由も存在します。

それから少し時が経ち、魔王パーティに勇者が加入して落ち着いてきたころ、ユキがリューを呼び出して実家に関する話を始めます。

その内容は至って単純で、リューは家出しているというものでした。

しかし、誘拐されたままという状況はさすがにマズいので、いったん実家に顔を出すようにとユキが促します。

そんな話をした翌日、ウォーウルフの集団がダンジョンに侵入してきました。

ところが、この集団の中にはリューの父親がいて……という内容になるでしょう。

 

魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのするのあらすじ

魔王に転生したユキ。住処のダンジョンを強化して身を守るはずが、ユキが出す日本のお菓子欲しさに覇龍が住み着き……!? トラブルに巻き込まれながら、増えていく人外娘達のため快適&最凶ダンジョン造り開始!!

※カドカワBOOKSより引用(https://kadokawabooks.jp/product/maouninattanode/321707000894.html

ふと気付いたら、ダンジョンの防衛機構である魔王になっていたユキ。

ここでは強大な魔物が跋扈しており、それらが生存競争を戦い抜く物騒な世界でした。

そんな場所で生きることになったユキは、自分の身を守るためにダンジョンを発展させていくことになります。

ところが、お菓子欲しさに自堕落な覇龍の少女や吸血鬼幼女に住み着かれてしまい、なぜかほのぼのとした雰囲気が漂うことに。

そんなこんなで、ユキはトラブルに巻き込まれながらも日々を好きに生きていくのでした。

 

まとめ

基本はほのぼのコメディですが、時折入るシリアスのおかげで、しっかりとメリハリがついていると評価されているようです。

また、主人公の態度が少々目に付くという意見があるものの、魔王に転生してダンジョンを運営していくのは既に確立されたジャンルですので、こういった展開が好きな方には堪らない作品かもしれません。

尚、魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする漫画は、eBookJapanでお得な価格で読む事が出来ますので、この機会に活用してみてください!

スポンサーリンク