魔法科高校の劣等生の最新刊(30巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

SF
スポンサードリンク

 

作り込まれた緻密な設定と、ご都合展開を極力控えた現実的な物語として人気を博す魔法科高校の劣等生は、現時点で小説が第29巻まで、漫画は来訪者編の第6巻と、ダブルセブン編の第2巻までが好評発売中です。

さらに、スティープルチェース編と古都内乱編の2本も漫画の連載が始まりました。

 

これら以外にも、本編のスピンオフとなる魔法科高校の優等生や、ギャグライフなよんこま編、そして劇場版の星を呼ぶ少女のコミカライズも行われており、司波達也暗殺計画の漫画も予定されているようです。

 

さて、そんな魔法科高校の劣等生ですが、最新刊の発売日はいつ頃になるのでしょうか。

その内容やネタバレ、そして発売日を予想してみました。

尚、魔法科高校の劣等生の漫画版は月刊コミック電撃大王にて連載されており、eBookJapanでは月刊コミック電撃大王と魔法科高校の劣等生の漫画の最新話を早く、安く読む事が可能です。

 

 

スポンサードリンク

魔法科高校の劣等生の29巻のあらすじ

追跡編(追憶じゃないよ!)の後編です。

 

隠れ家で籠城中する光宣を対処すべく、達也は敵方戦力の解析を続けます。

しかし、光宣は仮想行列と鬼門遁甲を組み合わせて新たに仮想遁甲を開発しました。

そんな時に八雲が隠れ家に現れて、光宣を邪魔しないと宣言していましたね。

 

さらに、達也は九堂真言が光宣に接触したことに気付いたものの、九堂家次男の蒼司を囮に使われて光宣を逃してしまった上に、藤林家の当主にも足止めを喰らいました。

 

散々なまでに前進できない達也ですが、ここで九重八雲までが立ちはだかります。

達也に負けず劣らずの速度で古式魔法を展開し続ける八雲。

それでも達也は霊子の動きを感じ取り、八雲の位置を探り当てます。

 

そして、痛みを無視した達也が八雲を無力化させ、一連の足止めはパラサイトを国外に追い出すために国家の黒幕から指示されたことだったと知らされました。

結果的にこの策は成功していて、光宣と水波はレイモンドの手助けを得て横須賀から潜水艦で日本を脱出しています。

 

その一方で、ほのかや美月がイリーガルMAPの襲撃を受けていました。

エリカ達が撃退しましたが、ほのかは誘拐されてしまいます。

その後はピクシーがイリーガルMAPの潜伏先を見つけるものの、急に出てきた十山つかさの謎行動によって救出は失敗。

 

深雪から状況を聞かされた達也は、皆を自分の庇護下に収め、奪還編へと続きます。

 

魔法科高校の劣等生の小説の発売日は?

最新の第29巻が2019年6月8日に発売されています。

次の第30巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

以下の表を参考に予想してみました。

 

魔法科高校の劣等生の小説の最新刊(30巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安 備考
第01巻 2011年07月10日 入学編〈上〉
第02巻 2011年08月10日 1ヶ月 | 入学編〈下〉
第03巻 2011年11月10日 3ヶ月 ||| 九校戦編〈上〉
第04巻 2011年12月10日 1ヶ月 | 九校戦編〈下〉
第05巻 2012年04月10日 4ヶ月 |||| 夏休み編+1
第06巻 2012年07月10日 3ヶ月 ||| 横浜騒乱編〈上〉
第07巻 2012年09月10日 2ヶ月 || 横浜騒乱編〈下〉
第08巻 2012年12月10日 3ヶ月 ||| 追憶編
第09巻 2013年03月10日 3ヶ月 ||| 来訪者編〈上〉
第10巻 2013年06月07日 3ヶ月 ||| 来訪者編〈中〉
第11巻 2013年08月10日 2ヶ月 || 来訪者編〈下〉
第12巻 2013年10月10日 2ヶ月 || ダブルセブン編
第13巻 2014年04月10日 6ヶ月 |||||| スティープルチェース編
第14巻 2014年09月10日 5ヶ月 ||||| 古都内乱編〈上〉
第15巻 2015年01月10日 4ヶ月 |||| 古都内乱編〈下〉
第16巻 2015年05月09日 4ヶ月 |||| 四葉継承編
第17巻 2015年08月08日 3ヶ月 ||| 師族会議編〈上〉
第18巻 2015年11月10日 3ヶ月 ||| 師族会議編〈中〉
第19巻 2016年03月10日 4ヶ月 |||| 師族会議編〈下〉
SS 2016年05月10日 2ヶ月 || 短編集
第20巻 2016年09月10日 4ヶ月 |||| 南海騒擾編
第21巻 2017年02月10日 5ヶ月 ||||| 動乱の序章編〈上〉
第22巻 2017年06月09日 4ヶ月 |||| 動乱の序章編〈下〉
第23巻 2017年08月10日 2ヶ月 || 孤立編
第24巻 2018年03月10日 7ヶ月 ||||||| エスケープ編〈上〉
第25巻 2018年04月10日 1ヶ月 | エスケープ編〈下〉
第26巻 2018年08月10日 4ヶ月 |||| インベージョン編
第27巻 2018年11月10日 3ヶ月 ||| 急転編
第28巻 2019年04月10日 5ヶ月 ||||| 追跡編〈上〉
第29巻 2019年06月08日 2ヶ月 || 追跡編〈下〉

 

発売の間隔は平均して約3ヶ月強といったところでしょうか。

分割構成の場合、続巻の刊行は早い傾向にありますが、次は奪還編に変わります。

この点を考慮すると、第30巻の発売日は2019年の9~11月頃になりそうですね。

 

魔法科高校の劣等生の漫画の最新刊(6巻と3巻と1巻と1巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 目安
入学編(全4巻)
第01巻 2012年09月10日
第02巻 2013年01月26日 4ヶ月 ||||
第03巻 2013年07月27日 6ヶ月 ||||||
第04巻 2013年12月27日 5ヶ月 |||||
九校戦編(全5巻)
第01巻 2014年04月10日
第02巻 2014年09月10日 5ヶ月 |||||
第03巻 2015年03月27日 6ヶ月 ||||||
第04巻 2015年10月27日 7ヶ月 |||||||
第05巻 2016年07月27日 9ヶ月 |||||||||
横浜騒乱編(全5巻)
第01巻 2014年04月10日
第02巻 2014年09月10日 5ヶ月 |||||
第03巻 2015年01月10日 4ヶ月 ||||
第04巻 2015年06月27日 5ヶ月 |||||
第05巻 2015年11月27日 5ヶ月 |||||
追憶編(全3巻)
第01巻 2014年06月10日
第02巻 2014年12月10日 6ヶ月 ||||||
第03巻 2015年09月10日 9ヶ月 |||||||||
夏休み編(全3巻)
第01巻 2017年02月10日
第02巻 2017年08月10日 6ヶ月 ||||||
第03巻 2018年02月10日 6ヶ月 ||||||
会長選挙編(全1巻)
第01巻 2018年10月10日
来訪者編
第01巻 2016年07月27日
第02巻 2016年12月27日 5ヶ月 |||||
第03巻 2017年06月09日 6ヶ月 ||||||
第04巻 2018年03月10日 9ヶ月 |||||||||
第05巻 2018年08月10日 5ヶ月 |||||
ダブルセブン編
第01巻 2017年09月27日
第02巻 2018年07月27日 10ヶ月 ||||||||||
スティープルチェース編
第01巻
古都内乱編
第01巻

 

発売の平均間隔は、来訪者編が約6ヶ月で、ダブルセブン編は10ヶ月でしょうか。

スティープルチェース編と古都内乱編は電撃大王5月号から連載が始まったばかりですので、まだデータが存在していません。

 

そのあたりから発売日を予想すると、来訪者編の第6巻が2019年の8月頃、ダブルセブン編の第3巻も2019年8月頃、スティープルチェース編と古都内乱編の第1巻は2019年の12月頃~2020年の2月頃になりそうですね。

 

魔法科高校の劣等生の最新刊以降を読む方法

漫画の最新刊を読み終わってしまい、次巻が待ち遠しいと感じたことはありませんか?

実は、まだ単行本に収録されていない話を読めるサイトが存在します。

もちろん、何とか村のように違法なものではありませんよ。

 

魔法科高校の劣等生の最新話はGファンタジーと電撃大王で読める

魔法科高校の劣等生は、来訪者編とダブルセブン編がGファンタジーで、スティープルチェース編と古都内乱編が電撃大王で連載されていますので、これらを購読しておけばいち早く情報が入手できることでしょう。

他にも沢山の作品が連載されていますし、楽しめることは請け合いです。

 

月刊コミック電撃大王はeBookJapanでお得に読める

そんな月刊コミック電撃大王ですが、eBookJapanならば本屋で買うよりも早く、安く読む事が可能です。

しかもeBookJapanならば魔法科高校の劣等生の原作も購入できるうえ、電子書籍だからいつでもどこでも読めます。

月刊コミック電撃大王で魔法科高校の劣等生の最新話を知りたい方、小説を読みたい方は、活用してみてください!

 

魔法科高校の劣等生のネタバレは

達也の庇護下に入ったメンツを考えると、たとえ国ぐるみで軍部を動かしたとしても簡単には太刀打ちできない気がします。

そのため、USNAは単純な戦力ではなく、トリッキーな曲者を介入させてくるのでしょう。

 

ただ、強すぎる力には責任を求められてしまうので、達也たちの行動には何かと制限が掛けられて面倒な事態になりそうです。

今回は相手方が国外に出てしまったことで、それが顕著に表れるのではないでしょうか。

 

それにしても、次巻は分割構成になるかどうかで展開が大きく変わりそうですよね。

奪還編なので話の方向は同じですが、単巻ならサクッとした解決になりますし、分けるのであれば納得できるだけの理由が必要です。

 

さらに次の未来編や卒業編の内容を想像すると、次巻からの奪還編がバトルとしては最後の盛り上がりになりそうなので、上下巻の2部構成になるのではないかと予想します。

 

魔法科高校の劣等生のあらすじ

西暦2095年──

魔法が現実の技術として確立し、魔法師の育成が国策となった時代。

国立魔法大学付属第一高校に対照的な兄妹が入学した。主席入学を果たした司波深雪は成績優秀な一科生(ブルーム)として。ある欠陥を抱えた兄の司波達也は二科生(ウィード)として。

入学直後から、才能容姿ともに完璧な深雪には多くの取り巻きができるが、深雪が心から慕うのは達也のみ。そのせいで達也は一科生から敵視されるようになり……。

※電撃文庫より引用(https://dengekibunko.jp/title/mahouka/

 

物語の舞台は1995年から歴史が分岐した架空の近未来。

かつては「超能力」と称されたものが「魔法」として体系化され、ひとつの技能と見なされるようになりました。

第三次世界大戦が終結してから35年後となる2095年、魔法技能を養成するための学校に2人の兄妹が入学します。

将来を約束された完全無欠な優等生の妹、司波深雪。

本来は最強たり得る存在でありながら劣等生として扱われる兄、司波達也。

共に思い合う関係である兄妹でしたが、強大な存在に人生を束縛されていました。

それに抗い、自由を掴み取るべく、波乱の日々を歩んでいく学園バトルアクションです。

 

まとめ

残すところは次巻の奪還編と未来編の長編が2本と、短編集らしい卒業編です。

長らく続いてきた魔法科(さすおに)本編も、とうとう完結の時が近付いてまいりました。

 

ただ、これだけの人気を誇るシリーズが完全に終わってしまうのでしょうか。

スピンオフがあるものの、やはり本編の方も読みたいという衝動が湧き出てしまいます。

コミカライズはようやく原作の半分に届いたところですし、短編集だけでも続けてほしいものですよね。

 

そして魔法科高校の劣等生の漫画の最新話は月刊コミック電撃大王で、月刊コミック電撃大王はeBookJapanでお得に読めますので、この機会に活用してみてください!

 

スポンサーリンク