緋弾のアリアの30巻の発売日はいつ?内容やネタバレを調べてみた

MF文庫J
スポンサードリンク

緋弾のアリアは2018年12月現在、29巻迄発売されている赤松中学先生によるライトノベルです。

発売が2008年ですので、今年で10周年を迎える人気作品です。

主人公は東京武偵高校に通う2年生の遠山キンジ。

タイトルに出てくるアリアは主人公ではなく、主人公のパートナーなのです。

最近のライトノベルの傾向としては主人公が最初に貰った特殊能力、もしくは不要だと思われていた能力が実は最強だった設定物が多いのですが、この作品は10年前ですので若干テイストが異なります。

主人公は血統的に特殊能力を宿していて、それが一族でも最高の能力であり、パートナーとして美少女が出てくるといった10年前には多かった設定ですが、逆に最近のライトノベルを読みだした人には新鮮かもしれません。

 

スポンサードリンク

緋弾のアリアのあらすじ

 

時代は2009年、凶悪犯罪に対抗する目ため、武力を行使する探偵である「武偵」と呼ばれる存在が当たり前の社会。

その武偵を育成する東京武偵高校に通う遠山キンジは、普通の生活を求めていた。

元々は京武偵高校在の強襲科に所属、ランクはSだった遠山キンジだが、ある事がきっかけで現実の無常さを覚え、武偵の存在に失望し、一般高校に転向しようと考えていた。

そのある事のきっかけとは、兄が追っていた「探偵殺し」を止める事が出来ずに行方不明になり、世間からのいわれのないバッシングを受けた事であり、2年生始業日に「探偵殺し」に標的として狙われ、駆け付けたアリアに出合ったことから物語は始まる。

 

スポンサードリンク

緋弾のアリアの30巻の発売日は?

赤松中学先生は緋弾のアリアの他にもやがて「魔剱のアリスベル」といった「緋弾のアリア」と世界観を共有している作品を連載されていたのですが、10年間で29巻と、1年間平均3巻とコンスタントに発売をされています。

 

巻数 発売日
1巻 2008年8月25日
2巻 2008年12月25日
3巻 2009年3月25日
4巻 2009年8月25日
5巻 2009年12月25日
6巻 2010年4月23日
7巻 2010年8月25日
8巻 2010年12月24日
9巻 2011年3月25日
10巻 2011年7月25日
11巻 2011年12月22日
12巻 2012年5月25日
13巻 2012年8月24日
14巻 2013年4月25日
15巻 2013年8月25日
16巻 2013年12月25日
17巻 2014年4月25日
18巻 2014年8月25日
19巻 2014年12月25日
20巻 2015年5月25日
21巻 2015年8月25日
22巻 2016年4月25日
23巻 2016年8月25日
24巻 2016年12月23日
25巻 2017年4月25日
26巻 2017年9月25日
27巻 2018年1月25日
28巻 2018年5月25日
29巻 2018年8月25日

 

上記の傾向としては8月発売の時間は12月に発売されることが多く。30巻も12月に発売されるのではないでしょうか?

因みに緋弾のアリアの関数表示はローマ数字表記でⅠ、Ⅱ.Ⅲなどなのですが、次巻30巻でXXX表記といったあまり見慣れない表記となります。

緋弾のアリアのネタバレは?

29巻までには既に主人公は武偵高校を退学、東池袋高等学校に編入、武偵高校に復学するも単位不足により留年、ローマ武偵高に通い、更には退学処分になると目まぐるしすぎる経歴を経ています。。

実はまだ作品中では2年も経っていないのですが、事件や登場人物が多く、ヒロインも30人以上出てきています。

28巻の巻末から女子高へと女装して潜入する事になったキンジですが、29巻ではバスカービルチームでの任務となり、ミーティングでキンジがクロメーテルの正体が自分だとバラしました。

30巻は潜入捜査の末、Nのヒュドラとアスキュレピョスに勝利したバスカービル。そののキンジの前に、伊藤マキリが父・遠山金叉の生存情報を持って現れ、彼はキンジの知る『ある女性』の暗殺任務を帯びていた。それを止めるため、キンジは敵のマキリと共闘する事になるのですが…。

まとめ

緋弾のアリアは1巻が売れなければ打ち切りの予定だったのですが、2018年11月までに800万部、2011年、2015年にアニメ化もされています。

間が4年間ですので、10周年の今年何か動きがあるかとおもいましたが、残念な事にアニメ化はなかったですね。

まだまだゲームでのコラボなどもある人気作品ですので、再アニメ化もあってもおかしくないですね。

スポンサーリンク