アルバート家の令嬢は没落をご所望ですの最新刊(6巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

KADOKAWA
スポンサードリンク

メアリの双子の兄と、アディの兄が登場した第5巻。

アディの兄はまだしも、メアリの兄はかなり濃い人物でしたね。

今まで出番がなかったのが不思議なくらいです。

 

これは言ってはいけないこと(製作上の都合)でしょうけれど、早期からあのシスコンが出ていたらストーリーが大幅に変わっていたかもしれないという妄想が止まりません。

 

そして、目指していた没落が近付いてきたのに、それに恐怖するメアリ。

結局は没落しませんでしたが、やっぱり怖いものは怖いですよね。

次期当主の件もありますし、アディには益々がんばってもらいたいものです。

 

スポンサードリンク

アルバート家の令嬢は没落をご所望ですの発売日は?

2019年3月1日に第5巻が発売されたばかりですが、第6巻が店頭に並ぶのはいつ頃でしょうか。

次の表を参考に予想してみました。

 

巻数 発売日 間隔 目安
第01巻 2015年04月01日
第02巻 2015年08月01日 4ヶ月
第03巻 2016年11月01日 3ヶ月
第04巻 2018年08月01日 9ヶ月
第05巻 2019年03月01日 7ヶ月

 

(◎=早、○=普、●=遅)

 

発売の間隔は平均して約6ヶ月といったところでしょうか。

第3巻から第4巻に開きがありますが、ここで一つの区切りとなっています。

そのあたりを考慮すると、第6巻の発売日は2019年の11月頃になりそうですね。

 

アルバート家の令嬢は没落をご所望ですのネタバレは

跡継ぎ争いに参戦したものの、現段階では選出方法も未定です。

さすがに大食い対決や身長勝負はないにしても、周囲の貴族や国を巻き込んだ大騒動になるのだと思います。


そして、念願叶って遂に没落してしまうのか。

もしも没落して北の大地送りになったとしても、渡り鳥丼屋という確たる実績がありますし、アディもいるならどうにでもなりそうな気も。

 

それに、そもそもの話ですが、メアリの背後にはアリシアがベッタリと貼り付いているので、国内に敵となる者はいないでしょう。

内実はともかく、アリシアは王女様ですから刃向かうようなおバカがいるとは思えません。

 

というわけで、今後のメアリはアルバート家の当主を正面から目指しつつ、国外から問題が持ち込まれるような展開になると予想します。

 

それと、メアリに友情を認められたアリシアがどんな暴走をするのかも見物ですね。

むしろこっちがメインになったりして……。

 

アルバート家の令嬢は没落をご所望ですのあらすじ

大貴族の令嬢メアリは思い出す。ここが前世でプレイしていた乙女ゲームの世界で、自分はヒロインの恋を邪魔する悪役令嬢だということを……だったら目指せ没落!とはりきるけれど、なぜかヒロインになつかれて!?

※角川ビーンズ文庫より引用(https://beans.kadokawa.co.jp/product/series46/

 

始業式の最中、ハゲかかった学園長が一礼した際にライトが頭にあたり、その光が反射した瞬間に主人公のメアリはすべてを思い出しました。

 

ここは身分差の恋をテーマにした乙女ゲームの世界。

 

そして、悪役キャラであることを瞬時に理解し、割り当てられた役目を全うするために様々な手段を講じていきます。

 

しかし、すべてが裏目に出てしまい、メインヒロイン設定の王女に懐かれる始末。

 

それでも、ラストは自分がギャフンと言うべく、前向きに没落を目指してくストーリーです。

 

まとめ

ジャンルとしては悪役令嬢ものですが、テンプレどおりに没落を回避するのではなく、自ら進んで没落したがるという逆転現象な色物作品。

 

第2巻で本編が完結し、第3巻は渡り鳥丼屋やそれぞれの後日談が描かれ、そこからさらに続いています。

会話の掛け合いは実にテンポが良く、物語の展開も早いところが好評なのでしょう。

 

舞台設定は乙女ゲームの世界かもしれませんが、恋愛ものではなくラブコメなので、男性も楽しめるかもしれません。

コミカライズもされましたし、これからの発展に期待が持てる作品です。

スポンサーリンク